ベストセラー
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
家庭学習の習慣はこうしてつける 低学年
家庭学習の習慣はこうしてつける 低学年 (JUGEMレビュー »)
柏木 英樹,賀本 俊教,TOSS淡路キツツキ
RECOMMEND
RECOMMEND
揉まない 押さない 引っ張らない 肩こりは10秒で治る
揉まない 押さない 引っ張らない 肩こりは10秒で治る (JUGEMレビュー »)
佐藤 青児
体調を大幅に崩してから、わずか一か月弱で復活できたのも、このケアのおかげです。まいにち、自分でできるのもいいですね。
RECOMMEND
精神科医が教えるぐっすり眠れる12の法則 日本で一番わかりやすい睡眠マニュアル
精神科医が教えるぐっすり眠れる12の法則 日本で一番わかりやすい睡眠マニュアル (JUGEMレビュー »)
樺沢 紫苑
不眠症に悩まれている方だけでなく、不眠予防にもなります。本当にわかりやすい。
RECOMMEND
聴きながら眠るだけで 幸せになれるドリーム瞑想CDブック
聴きながら眠るだけで 幸せになれるドリーム瞑想CDブック (JUGEMレビュー »)
ウィリアム・レーネン
途中からちょっとわからない世界に入ってしまう(笑)のですが、睡眠のことを考えた良い方です。
RECOMMEND
日本一の大投資家が語る大貧民ゲームの勝ち抜け方―上場会社・約70社の大株主・竹田和平さんの旦那的投資哲学
日本一の大投資家が語る大貧民ゲームの勝ち抜け方―上場会社・約70社の大株主・竹田和平さんの旦那的投資哲学 (JUGEMレビュー »)
水沢 潤
好々爺というイメージでしたが、実際にお会いしてみると、戦略的ながっしりとした大きな方です。起業家としてのヒストリーも見ることののできる本です。
RECOMMEND
超訳・易経  角川SSC新書  自分らしく生きるためのヒント
超訳・易経 角川SSC新書 自分らしく生きるためのヒント (JUGEMレビュー »)
竹村 亞希子
難しいとされていた易経を分かりやすくアレンジした本。陰と陽の関係や、心構えがよくわかります。
RECOMMEND
中学入試を制する国語の「読みテク」トレーニング 説明文・論説文
中学入試を制する国語の「読みテク」トレーニング 説明文・論説文 (JUGEMレビュー »)
早瀬律子
国語のカリスマ早瀬先生の指導を直接受けられない方でも、「早瀬メソッド」で学習ができます。
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
                                                                  
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
GOOGLE
検索
カスタム検索
MOBILE
qrcode
今週の「アルク児童英語」2019.1/21〜1/25

JUGEMテーマ:児童英語

 

今週はディクテーションがあります。

ディクテーションとは、発音された英文を英語で書いていくもので、聞く力と、単語を覚える力が試されます。

今回の者は、数字が入っているので、何について言っているのかを判断しましょうね。

階数、個数、時間など、身近なものを指していきます。

聞き分けができるかな?

 

| アルク児童英語 | 12:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今週の「アルク児童英語」2019.1/14〜1/18

JUGEMテーマ:児童英語

 

今週は序数です。

順番を表す数ですね。

「英語で算数」をやった時に、分数の表し方は序数をつかうことを教えました。

英語では学年や順位、建物の階などに序数を使います。

日本語とは違いますね。

そんな違いも教えていきます。

| アルク児童英語 | 09:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今週の「アルク児童英語」2018.12/17〜12/21

JUGEMテーマ:外国語学習

 

ユニット2は数を学習します。

数は数量をあらわすものと、順番を表すものがあります。

日本語と英語ではこの2つの使い方が違います。

たとえば、2階や3階などの階は、英語ではThe second floor:2番目の階のように順番を表す数を使います。

学年も同様で、the second gradeのように順番を表す言葉を使います。

英語と日本語の違いに気づきながら学習すると面白いですね。

| アルク児童英語 | 11:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今週の「アルク児童英語」2018.12/10〜12/14

JUGEMテーマ:外国語学習

JUGEMテーマ:児童英語

 

今週から新しいテキストに入ります。

1年間の総まとめとなりますね。

6年生は中学の授業も考えて学習を行っています。

小学生で英会話をやってきた子たちは「

話すことは得意だが夏期ことが苦手」と言われますが、アルクではそんなことはありません。

文法もきちんと教えます。

文法は中1〜中2の範囲のものを無理なく教えていきます。

学年による区別がはありません。

ですから、1年目に過去形をやったり、2年目には助動詞や不定詞をやったりすることがあります。

しかし、無理なく教えているので、理解が早いです。

前のテキストでは助動詞と不定詞が同時期にありましたが、うまく使えていましたね。

ディクテーションもとてもよくできるようになりました。

単語だけではなく文の中での表現や、文脈をとらえるられるようにしていきます。

| アルク児童英語 | 12:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【英語で算数】今週の「アルク児童英語」2018.12/3〜12/7

JUGEMテーマ:外国語学習

 

英語は習うより慣れろといいますが、またくその通りです。

日本人の英語の力がなぜ伸びないか。

それは使うことがないからです。

教科書で習うだけでなく、日常で使ってこそ上達します。

その前に、英語は教科という意識を、英語は実技に変えましょう!!

ということで、今週は

英語で算数

です。

 

算数での考え方は日本と諸外国では違うことが多いですね。

外国で買い物をしてお釣りをもらう時、足し算の考え方で計算しているのを見てびっくりされた方もいると思います。

日本だけのものもありますし、世界で共通の概念もあります。

 

今日は英語で分数でした。

分数の表し方は、分母からではなく分子から。

ちょっとビックリでしたね。

でも、すぐに慣れました。

いろんな刺激を与えていきたいですね。

 

| アルク児童英語 | 21:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今週の「アルク児童英語」2018.11/26〜11/30

JUGEMテーマ:読書

JUGEMテーマ:外国語学習

 

アルク原教室では、定期的に保護者参観を行い、授業を公開しています。

お子様が頑張っている姿をごらんいただき、ご意見をいただいています。
昨日は、中1と中2の文法を取り入れた少し難しい授業を行いました。

ディクテーションも行い、普段のお子様の力を見ていただきました。
だいぶ英語の聞き取りができるようになったと思います。
単語の暗記は、本日で動詞が終わりました。これで名詞と動詞全部で2444単語の暗記が終了しました。こ

れってすごいと思いませんか?
ここで覚えたことは、将来必ず役に立ちます。忘れないように復習をしていきます。


また、自分の家族が「できること」を発表してもらいました。お子様がどのように家族見てるのかということがよくわかりますね。
英検の問題では新しい動詞のコロケーションを4つ入れました。後に来る目的語で選ぶ動詞が違ってきます。
わからない単語は印をつけて、覚えてもらいました。知っている単語がどんどん増えますね。
保護者の皆さま、本日はご参加どうもありがとうございました。

| アルク児童英語 | 21:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今週の「アルク児童英語」2018.11/19〜11/23

JUGEMテーマ:外国語学習

 

今週と来週はディクテーションです。

ディクテーションというのは、「テキストを見ずに英語を聞き取って、それを書き起こす」というトレーニング方法です。

聞く力も必要ですが、単語を覚えて書く力も必要となります。

聞き取りにくい場合、それが音がくっついて別のように聞こえる(リエゾン)せいだったり、よく知っている単語なのに間違った発音で覚えていたりすることもあります。

それらに気づくことも大切ですね。

とくに、注意したいのはwが最初の単語です。

waはウォ、woはワと発音しますが、スペルは読み方どおりに書いてくるミスが多いですね。

| アルク児童英語 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今週の「アルク児童英語」2018.11/5〜11/9

JUGEMテーマ:外国語学習

ハロウィンパーティーをやりました。

ハロウィンの歴史やどんなことが背景にあるのか、アメリカではどんなゲームをするのかをお話ししました。

TRICK or TREATは有名ですが、歴史についてはあまり知られていないので、子供たちは興味津々でしたよ。

行事だけでなく、歴史も学べる良い機会だと思います。


以前、カナダ人のALTがハロウィンの楽しみ方を教えてくれました。

子供たちだけでなく、大人たちもハロウィンで楽しむそうです。

たとえばハロウィンコスチュームを着て会社に出勤するそうですね。
ハロウィン当日はマミイ、バンパイア、スーパーマンやゾンビなどの衣装を着た大人たちがバスや電車に乗っているそうです。

びっくりするけど楽しそうです。


さて、ハロウィンではいろいろなゲームを行いました。チームに分かれてやっていたので、とても白熱しましたね。
もちろん授業の一環で学習もあるので名詞の単数や複数の使い分け、前置詞などもしっかりと勉強しました。

ハロウィンのワードサーチではたくさんのハロウィンに関連した用語を学びました。

 

ハロウィンケーキ

ハロウィンケーキはひなたぼっこさんのハロウィンケーキ。

丸い形をした不思議なケーキです。
生クリームいっぱいでとてもおいしかったです。

子供たちはとても大喜びで、早くも来年のハロウィンのことを思いを馳せているようでした。

| アルク児童英語 | 12:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今週の「アルク児童英語」2018.10/22〜10/26

JUGEMテーマ:外国語学習

 

先週に引きつづき、何をしたいとかを説明する文を学習しています。

I want to〜(私は〜したい。)という文です。
文法でいうと、不定詞の名詞的用法、中学校2年生に学ぶものですね。

「中学校2年生のものを小学校で勉強するのは難しいな。」と思うかもしれませんが、子供たちの適応力や理解力は素晴らしいです。

すぐに理解をして使っていくことができています。

みんなでぺアプラクティスを何回か行い、自信がついたところで文章を書いていきます。

また、修飾語を足していって、長い文をつくっていけるように工夫しています。

いろんな発想があって面白いですね。
 

不定詞名詞的用法とともに、今回は一緒に動名詞も教えています。

両方とも(何々するこ)という同じような意味なので、一緒に学習することで違いをみわけることもできて理解しやすいですね。
中学校の英語も不定詞名詞的用法と動名詞を一緒に学べたらとても楽になると思います。

不定詞すべてを学習してから動名詞を学ぶので、どうしてもタイムラグができてしまいます。意味でそろえていった方がわかりやすいと思うのは、私たちだけでしょうか。

さて、来週はハロウィンやります。
ハロウィンの歴史についてもしっかりと教えますよ。
ハロウィンのゲームの定番と言えば、アップルホッピングですね。

リンゴを口にくわえるゲームです。

でも、なかなかリンゴを口に加えることが恥ずかしくてできないということが多いので、代わりに似ている人気のゲームを用意しています。

どんなゲームをやるのかもワクワクですね。

| アルク児童英語 | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今週の「アルク児童英語」2018.10/15〜10/19

JUGEMテーマ:児童英語

 

不定詞のI want to do (私は~したい)を学習します。

そして、一緒に go ~ingも学びます。

 

文法でいうと、中2ですね。

難しそう・・・・

でも、けっこうすんなり覚えてしまうものですよ。

| アルク児童英語 | 08:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/7PAGES | >>